足の浮腫みをとる足痩せ

足の浮腫みはあまり歓迎できるものではありませんね。
特に女性の場合は足の浮腫みはてとも気になりますし、第一、せっかくステキなスリムなパンツがあっても、足が浮腫んでしまっては穿くことも出来ません。

足の浮腫みは、長時間の立ち仕事や座ったままの状態が続いた場合に起こります。
この場合は時々周囲を歩き回るなど、足を動かす事により血行が促進されるため、足の浮腫み帽子が出来ますし、仮に浮腫みはじめていても解消方法となります。

最近では足痩せ法として、足の浮腫み取りも話題になっているようで、様々な著書や情報商材などが出ているようです。
しかし前述のような長時間の同じ姿勢による場合は、温浴やマッサージなどで比較的簡単に解消できますが、慢性的に足への疲労が溜まっている場合などは、1日2日ではむくみが解消出来ないケースもあります。
こんな時は根気よく、足に溜まった疲労物質である乳酸を取り除いてやる事です。
そのためには足の長時間疲労の直後には、決してそのまま足を休めてはいけません。
疲労直後は必ず歩き回って、少しずつ足の動きを緩やかにしていき、その後は氷などで疲れた箇所を冷やすアイシングなどを行うのがよいでしょう。
「何だか変な事言ってる?」ように思われるかもしれませんが、これは疲労を溜めないための方法で、陸上選手のほとんどはレース後はこのようにして足の疲労物質を排泄させて疲れをとっています。
足痩せには陸上選手の疲労回復法を真似ると効果がありますよ。

足の浮腫み疲労物質を取り除くことと、お風呂、マッサージ、ローションなど血行促進が期待でき、発汗作用を伴うものが良いとされていますので、足の浮腫みで困っている方は、色々と試して見たいものですね。

PR:足痩せ、足やせ、脚痩せ@info
posted by ドンドコ at 05:57 | むくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むくみの起こる病気

心臓病によるむくみ
 心臓の働きがよわまり静脈系うっ血の「うっ血性心不全」では、静脈内圧力が高くなり水分が漏れ出すむくみが起きます。
 また、心臓から送られる血液量が減るので、腎臓への血液量が減少して塩分が排出されにくくなりむくみが起こりますが、心臓病でのむくみは体の下側から現れるむくみが普通です。

腎臓病によるむくみ
 急性腎炎や慢性腎炎の場合は、腎臓のろ過機能の低下により尿量が減りむくみが起きます。
ネフローゼ症候群は血中のタンパク質が大量に失われるため、低タンパク血症がおこりむくみを生じます。

甲状腺機能低下によるむくみ
 この場合のむくみは、顔面が腫れるのと同時に体重増加があります。このときのむくみは粘液成分の多い液体が皮下に溜まり、押えてもへこまないむくみです。

栄養失調によるむくみ
 血中のタンパク質濃度低下によりむくみが現れ、ガンや神経性食欲不振症などでむくみがみられます。

月経によるむくみ
 排卵後に次の月経まで黄体ホルモンが生成され、この作用でむくみが起きますが、病気ではありませんので心配無用です。

●その他の病気によるむくみ
 肝硬変が進行するとむくみや腹水が起きます。
 リンパ浮腫は上肢や下肢のむくみの腫れで発症します。
 深部静脈血栓症も重病になると皮膚が蒼白にむくみます。
ビタミンB1欠乏症のときも下肢がむくみます。
posted by ドンドコ at 15:59 | むくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むくみの原因

むくみが起こる原因は次のように考えられています。
むくみはネフローゼなど、蛋白尿と血液中の蛋白濃度の低下血症をきたす腎疾患があると、大量のタンパク質がオシッコで出され、血中タンパクの減少を起こしてしまい、血管内での水分を引き留める力が低下することにより血管外に漏れ出しますむくみとなります。

次に考えられるむくみは心臓病の場合がありますが、これは心臓より上流の血管に溜まった血液を押し出せずに、心臓の右心室、右心房のポンプ作用が弱まると、静脈内圧力の高まり血液中の水分がしみ出しむくみとなります。

むくみの原因として考えられる最後のものは、下垂体甲状腺副腎などで作られる幾つかのホルモンの影響で、むくみが生じる事があります。

むくみは甲状腺ホルモンが減少すると、下肢を押してへこみが残らない特殊なタイプのむくみとなります。

あとは病気以外に考えられるむくみとして、やはりお酒や飲料水の摂取が過ぎる場合のむくみが、最も多いのではないですか。

posted by ドンドコ at 15:56 | むくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むくみについて

むくみは体内の液体が異常に増えるなどして、血管や血液の性状に異常をきたした時に、血液中の水分が皮膚の下にしみ出してたまった状態を、むくみといいます。

むくみがおきると体重が急に増えたり、オシッコの量が少なくなったりして気付く場合がありますが、むくみのほとんどは足のすねの部分を暫く指で押すと、指圧した部分がクボミになり暫く元に戻らない状態や、人によっては手で拳を作ろうとすると、むくみのせいで握りにくい状態となりむくみに気付きます。

その他でむくみに気付くのは、まぶたがはれぼったくなり、ジーパンなどの衣類を切る場合に幾分きつく感じたり、靴下や靴が急にきつく感じて穿きにくい状態となり、これらの場合の大半はむくみによる影響です。

むくみが表れた場合は、部位とむくみの程度を見て安静と保温を心がけます。

また、水分は取りすぎないようにし、前日のオシッコの量の範囲内として、塩分も控え良質タンパク質の食事をとり、むくんでいるときには体を清潔にして傷つけないようにします。


posted by ドンドコ at 15:55 | むくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。